部屋を彩るコミュニケーションデバイス「(E)CARD」の開発

部屋を彩るコミュニケーションデバイス「(E)CARD」の開発
イラストやメッセージを表示できるお洒落なカード型デバイスを開発しています。スマホから簡単に操作できる事が特徴で、お部屋のインテリアとしてだけでなく、家族の楽しいコミュニケーションデバイスとしてもお使い頂けます。CAMPFIREでしか手に入らない商品です。

はじめに・ご挨拶

このページをご覧になってくださり、大変ありがとうございます。
みなさん、こんにちは。
私は石川県に住んでいる専業主婦で、「Akichan」というハンドルネームで活動しています。
普段から何かを作る事が好きで、暇を見つけては面白いモノを作る事に挑戦しています。

今、私が作っているものはお洒落なカード型のデバイスです。元々は、子供のネームカード(首からぶらさげる名札)として作り始めたのですが、子供が着ける事を嫌がったので(笑)、他に使い道はないかな?と色々考えた末に、部屋のインテリアやコミュニケーションツールに行きつきました。

今回3回目のクラウドファンディングになります。今まで支援してくださった方々にはとても感謝しております。少しずついい商品になってきている実感があり、これからも頑張っていこうと思います。皆様何卒よろしくお願い致します。
プロダクトのご紹介

◆基本的な使い方(動画)◆

◆ディプレイの編集◆

※画面は開発中のものです。完成版とは異なる点がある事はご了承ください。

スマホ(iPhone/Android)でディスプレイイメージを簡単に編集する事ができます。画像のみ、テキストのみ、画像とテキストの組み合わせの三種類の表示方法があります。

Step1 ベース画像の選択

画像はカメラで撮った写真でも、Webからダウンロードしたイラストでも構いません。

Step2 表示位置&表示範囲の調整

ベース画像のどの部分を表示させるか、またどこに表示させるかを調整します。

Step3 テキストの編集

表示させるテキストを入力し、表示させる位置を設定します。(画像のみを表示したい場合は、この作業は不要です。)

◆スマホからイメージ転送◆

スマホアプリの「送信」ボタンを押すと、無線(BLE)でイメージデータが(e)CARDへ転送されます。転送時間は端末によって差がありますが、早い端末なら数秒で完了します。

◆スイッチによるディスプレイプレイの切り替え ◆

押しボタンスイッチを押すとイメージが切り替わります。イメージは最大3つ記録する事ができます。1->2->3->1と順番に切り替わります。

◆ケースのカスタマイズ◆

3D CADデータを公開しますので、お持ちの3Dプリンタや3Dプリントサービス(DMM Make、shapeways)などを使って自分の好きな素材、色のケースを作成する事ができます。

こだわり・特徴

機械音痴の人でも、すぐに簡単に使える事にこだわって製品を開発しています。

普段の生活で起こった「ちょっとした面白い事」が家族のコミュニケーションのきっかけになったら、生活はもっと楽しくなると思います。子供が描いたおかしな絵をすぐにカメラで撮って「(E) CARD」に表示しておく。それを見た人が「何これ?」から会話が始まる。些細な事でも、それがきっかけで笑顔がうまれたら嬉しいです。

プロダクト誕生までのお話

最近は、スマホで簡単に家族へメッセージを送る事ができますが、適切なタイミングでメッセージを読んでもらえない事に不満を感じる事があります。例えば、朝家を出る時に燃えるゴミを出してほしい事を伝えようとして、寝る前にLINEで「朝ゴミお願い」とメッセージを送っても、夜のうちにメッセージを開けられてしまい朝には覚えていない事もあるし、朝はバタバタしていてメッセージを開けられない事もあります。朝、玄関から出る時ベストなタイミングで「ゴミお願い」と伝える事ができたら、お互いハッピーになれると

タイトルとURLをコピーしました