放課後ユウちゅー部!ボイスドラマ化プロジェクト

放課後ユウちゅー部!ボイスドラマ化プロジェクト
Twitterで連載中の『放課後ユウちゅー部!』(作・根田啓史)のボイスドラマ化プロジェクトです。

ふるっふ~! 元気ハツラツな中学1年生・朱音 和(あかね のどか)はユーチューバーにあこがれていた。クールな中学1年生・紺野 三つ葉(こんの みつは)は、入学式で隣の席だったことから和の「ゆーちゅー部」設立に巻き込まれ、翻弄される。和が部員集めのために声を掛けたのは幼馴染で名家のお嬢様、中学2年生の本多 檸檬(ほんだ れもん・通称ボンちゃん)だった。その莫大な資本力と奇想天外な行動・言動に三つ葉はさらに翻弄される。そこに現れるゆーちゅー部を快く思わない生徒会の姿。次から次へと増えるボケ担当の登場に三つ葉はツッコみきれるのか? 和たち「わさんぼん」はトップユーチューバーになれるのか!? 古き良き蔵屋敷が軒を連ねる埼玉県川越市を舞台に繰り広げられるドタバタコメディ!

企画・原作:Studio Carot(スタジオキャロット)
共作・漫画:根田啓史

こんにちは。Studio Carotのkochaです。

このプロジェクトでは、根田啓史先生がTwitterで連載中の4コママンガ『放課後ユウちゅー部!』のTwitter連載分の全10話のボイスドラマ化を目指しています。

ボイスドラマ化されるのはTwitterで連載される3ページ×10話分そのままの内容で、選りすぐりの声優さんに素敵な声をあてて頂き、編集でBGMや効果音を入れます。

目標より多く資金が集まった場合は、ボイスコミックを制作しWebで公開することも予定しています。

『放課後ユウちゅー部!』はStudio Carot初の作品として制作いたしました。

私がいくつか作成したマンガの設定資料の中から根田先生と共にブラッシュアップしていき、根田先生がキャラクターたちに魂を吹き込み『放課後ユウちゅー部!』が完成しました。

根田先生とStudio Carotチームとで半年以上、何度もZoomでやり取りしながら、完全リモートで制作された渾身の作品です。

和たちの生き生きとした表情、賑やかな日常、いろいろなことに挑戦していく姿勢。

それは、多様化するこれからの時代を生きていく中でもっとも大切なことだと考えています。

私たちは、作品創りの新しいカタチに挑戦しています。

制作スタジオと、クリエイターと、ファンとが1つのコミュニティーのようになり、相互に作用し、素晴らしく親しみの湧く作品を生み出す、というもの。

『放課後ユウちゅー部!』を、そしてStudio Carotの作品をもっと見たい、応援したいと思ってくださった方は、一番安いプランからでも是非ご支援頂けますと幸いです。

あなたのそのご支援が作品を生み、育て、未来へと羽ばたかせることを願って。

「【根田啓史先生インタビュー】『放課後ユウちゅー部!』に込めた想い」はこちら!

Studio Carotは2021年3月に生まれたばかりのクリエイティブスタジオです。株式会社Carotが運営しています。

私kochaは、過去にバーチャルYouTuberの運営や3Dアニメ・マンガ動画・YouTubeアニメの原作・企画・監督・デザイン・音楽制作などに携わってきました。そこで培ったコンテンツ制作のノウハウや知見をStudio Carotとして存分に活かして参ります。

Studio Carot 公式Webサイトはこちら

Carotの二人と、あれこれ試行錯誤しながら作ってきた放課後ユウちゅ~部!とても楽しかったです。

自分の中にあまりなかったジャンルやキャラクターに挑戦できて、自分自身も成長できたようなきがします。

クラファンやボイス

タイトルとURLをコピーしました