【循環する綿】丹波篠山の農地を守り継ぐため、国産和綿ふとんを世界に広めたい

【循環する綿】丹波篠山の農地を守り継ぐため、国産和綿ふとんを世界に広めたい
丹波篠山の自然の中で無農薬で丁寧に育てた日本古来種「和綿」を中綿に使用し、すべての工程を手作業で作り上げた和綿ふとんはふんわり柔らか、まるで綿に包まれているような優しい寝心地です。農家が発信するこのプロジェクトの循環は、里山が抱える耕作放棄地の問題や新規就農者の支援につながることを目指しています。

<はじめに・ご挨拶>

はじめまして、兵庫・丹波篠山で農業を営んでおりますquatre ferme(キャトル フェルム)です
丹波篠山の豊かな自然の中で、主に和綿・米・黒豆を無農薬無化学肥料で栽培しています。
農業を通じて安心安全な衣食住を目指していきたいと考え神戸からこの地に移住してきました。

昨年、私たちが栽培する和綿・米・黒豆の六次産業化(生産・加工・販売のすべてを生産者が行う取組)を軸に、飲食店・食品加工・綿製品の3つの要素からなるプロジェクトブランド mani e(マニエ)を立ち上げました。

今回はこのプロジェクトの中の綿製品のブランド「mani e cotone」に込めた想い、
またはじめてのプロダクト「和綿ふとん」について知っていただき、応援していただけたらと思いクラウドファンディングに挑戦しました。

コロナ渦のスタートで実際に和綿に触れていただく機会がなかなか作れない日々が続いていますが、この場で皆さまに和綿について、mani eについて少しでもお伝えできたらと思います。
<プロジェクトに込める想いと実現したいこと>

①在来種の和綿栽培を復活させたい
農家がなぜ「衣」なのか。丹波篠山で暮らす中、少し前までどこでも和綿が栽培されていたこと、衣も農作物であることを知りました。栽培に手間暇かかる綿花栽培。今は大量の農薬を使って収穫される海外の綿に押され、和綿は消えてしまいました。
昔から種をつなぎ栽培されてきた在来種の和綿を私たちの手で次世代につないでいきたい、綿をきっかけに日本古来の文化に触れてみたいと感じています。

②日本の気候にあった和綿を暮らしに取り戻す
現在日本の綿自給率は0%と言われています。私たちが身にしている衣はすべて海外産の綿です。
和綿の持つ、日本の風土に合った吸湿性・保温性に優れるという特性。昔日本の暮らしでは当たり前だったように布やふとんとして生活に取り入れてみたい、という好奇心から栽培をはじめました。実際に手に取ると機能性だけでなく、その包み込まれるような柔らかさの虜に。
より多くの方にさわっていただきたい、感じていただきたい、そして和綿栽培を継続していきたいと願っています。
食と同じように自分たちの手で育てた綿で作った衣やふとんで暮らす豊かさ…想像するだけでワクワクします。

③プロジェクトの循環で新規就農、耕作放棄地の問題に取り組む
農業を生業にして9年目。篠山盆地に広がる肥沃な農地が耕作放棄地となり、そして荒廃農地と化していく姿を見てきました。農業従事者の高齢化が年々進んでいるからです。
農業機械の入りやすい広い農地は大型農家に引き継がれていきますが、小さな農地や環境・条件の悪い農地は放置されてしまうのが現状です。農地は一度荒廃させてしまうと、元に戻すには何年もかかります。今どうにか保たれている農村風景は、さらに高齢化の進む10年後には全く姿を変えてしまう。それを食い止めるには若手の就農者が必要不可欠。しかしお金にならないと続けていくことができない。安定した収穫と収入をどうするべきか…

安定した収穫、それは農家の目指すところです。しかし作物は生き物なので毎年異なる気候に左右されてしまう。そればかりか近年ではひどい獣害。この獣害だけでも防げないかと考えたのが綿栽培でした。実際に栽培してみると、苗の新芽を鹿に食べられたり、土の中のミミズを探す猪に掘り倒されたりもしますが、出来た綿の実を好んで食べる獣はいません。手間は掛かりますが、とても優れた作物だと実感しています。
綿を栽培することで雇用を生

タイトルとURLをコピーしました