ただ、料理するだけ。それだけで料理が「絶品」に変わるフライパン【黒皮鉄板】

ただ、料理するだけ。それだけで料理が「絶品」に変わるフライパン【黒皮鉄板】
いつもの調理が生まれ変わる「黒皮鉄板」が登場、鉄製フライパンの常識を覆す。鉄なのに重くない、独自加工による軽量化に成功、女性でも気軽に扱える。鉄製フライパンのデメリットである「サビ」「焦げつき」も独自加工技術により解消。

こだわったのは、圧倒的な「熱伝導率」と優れた「保温性」。
この特性のおかげで、食材の焼き上がりは上質に「ふっくら」と仕上がります。
余分な油や水分が食材に戻らず、素材本来が持つ「旨味」を凝縮します。
お店はもちろん、ご家庭でも本格的な調理が可能です。
また、使い込めば使い込むほどに「油なじみ」「焦げ付きにくさ」が向上します。
一生物として付き合える、こだわり抜いたフライパンです。

■「鉄は重い」を覆す独自の加工技術
軽量化を計るため、海外ではほとんど使われていない「へら絞り加工」で製造。
鉄板を回転させ、そこにローラーを押し付けて成形を行います。

■側面を薄くする事により軽量化、女性でも手軽に扱えます
従来のプレス加工よりも、側面が薄くなっています。
フライパンは側面が薄くても問題なく、1.2mm~1.4mmが最適な薄さです。
側面を薄く伸ばすので、従来よりも軽量、理想的な形状に。
かつて計測したケースでは自社で試作した「20cm」のフライパンで、へら絞りを用いるとより「約2割」軽くなるという結果となりました。

表面はカリッと、噛んだ瞬間に爆発する「うま味」が溢れ出します。
弱火でも瞬間的に水分を飛ばし、肉の旨みを内部に凝縮。
ご家庭で「絶品ステーキ」をお召し上がりください。

黒皮鉄のフライパンは熱伝導が良いため表面温度が上がりやすく、高温で調理する事により食材がふっくらと仕上がります。
また、炒め物の際も食材の余分な水分が飛びやすく水っぽくなりにくいので、家庭でもプロ並みの本格的な調理ができます。
IH対応なので、煮込みが必要な料理の際もIHに切り替えれば簡単に火加減調整ができるので、用途に合わせて幅広く使えるフライパンだと感じました。
お店でも毎日使っていますが、丈夫なので何度も買い直すよりも経済的。
今までの鉄鍋と違い、特にケアが必要ないので、片付けも非常に楽で重宝しております。

黒皮鉄製のフライパンは、 創業70年を迎える大阪府の老舗金属メーカーの技術力により完成しました。
地元大阪での「大阪ものづくり優良企業賞」や「OMOTENASHI SELECTION 2017」など、様々な賞を受賞しているメーカーが試行錯誤した「技術力」の結晶です。

メイドインジャパンの技術力でしか生み出せない、様々な加工技術。
そのひとつの技術である「ヘラ絞り加工」。
側面を薄く伸ばす事で軽量化に成功、海外ではほとんど使われていない技術です。

●使い始めのお手入れ不要
鉄製の最初の使いにくさ(サビ・こびりつき)を解消するため、「ハードテンパー加工」を施しております。
本体を真っ赤になるまで(約700℃)焼入れ、油に浸けることで油に馴染んだ状態を実現しました。
手作業で処理するため大変手間がかかりますが、一つ一つ職人が丁寧に仕上げております。

「鉄製のフライパンはお手入れが大変そう…」「すぐ焦げ付くのでは…」。
そんなイメージをお持ちの方も多いのでは?
独自加工により、しっかり油がなじんだフライパンは扱いやすく、一生を共にできる相棒です。
「サビにくく」「焦げつきにくい」、手元に届きましたらサッと洗ってすぐに使えます。

●製品情報
サイズ:φ260mm
鉄圧:1.6mm
全長(持ち手含む):430mm
重量:1,000g前後
持ち手:木材(ブナ材)
備考:IH対応

●取手について

コーティングしていて汚れにくい取手はキッチンに合わせてお選びいただけるよう、
ブナ材を用いて、「明るめの白木色」、「鮮やかなワインレッド色」、「シックなこげ茶

タイトルとURLをコピーしました