不登校の子どもに無料でアートセラピーを体験してもらいたい!!

不登校の子どもに無料でアートセラピーを体験してもらいたい!!
長期休み前後は子ども達が学校に行けなくなるきっかけとなりやすい時期です。そんな時期に「無料でアートセラピーを体験してもらい一度心をリラックスしてほしい!」という思いでプロジェクトを立ち上げました。新型コロナウィルスや緊急事態宣言など、ストレスがかかりやすい今だからこそ子ども達に専門的支援を届けたい!

●ご挨拶

 初めまして、DACHA LABO(だーちゃらぼ)です。私たちは臨床心理士・公認心理師によって構成された団体で、2021年4月に東京都豊島区でフリースクールだーちゃを開校いたしました。不登校や発達障がいなど、日常生活に困り感を抱えている子どもたちへ『家でも学校でもない、その子のペースで心を耕す活動に没頭できるセカンドハウスのような居場所を提供していきたい』という思いで活動を行なっております。
●フリースクールだーちゃとは

 フリースクールには勉学にしっかり取り組めるようカリキュラムが組まれている『塾型』、悩みをもった仲間が集い過ごす『居場所型』、障がいを抱えた子どもを対象にした『専門支援型』など様々な種類があります。

 フリースクールだーちゃは日本で初めて臨床心理士・公認心理師が常駐し、子ども1人1人の個性に合わせた支援計画を練り、それをもとに専門的な支援を行います。過ごし方については、勉学を含め1日を4つのプログラムから構成し、芸術療法をはじめとした心理療法や料理・映画観賞・スポーツなど、安心できる空間で楽しむプログラムが数多く用意されています。

 他にも不登校の子どもを抱える親のためのコミュニティ【親の会】の主催や、低価格で芸術療法を体験できる【ワークショップ】など様々なイベントを開催しております(詳しくはコチラ)。
●現代の日本における不登校問題

近年、日本では若者のひきこもりや自殺のきっかけとして,不登校が問題視されています。

・ひきこもりのきっかけにおいて「不登校」が第1位
・「不登校自殺」の問題

令和元年に行われた文部科学省の調査報告書によると、以下の図のように年々不登校者数は増加しています。

 フリースクールは不登校などの子供たちの居場所として支援を提供する施設です。しかし卒業生や保護者からは「居場所は提供してくれるが、その先のキャリアが心配」「勉強だけじゃなくて、もっと相談に乗って欲しいことが沢山あった」などといった声が上がっている状況でした。実際、不登校の子供たちは「学校に行けない」という状況は同じであっても、1人1人困っている事は違います。

 つまりこれからは子ども1人1人に寄り添い、それぞれの特徴を踏まえた上での支援が必要なのではないでしょうか。そして本当にその子に今必要なことは何なのかを一緒に考え、必要に応じて医療機関などと連携を取ることで子ども達の未来を支えられると私達は考えています。

●無料でアートセラピーを体験してもらいたい!

【アートセラピーとは】 

アートセラピーとは、精神医療の中で研究された心理療法です。心理的な病を持った人や、様々な障害を持つ方の治療に役立つとされ、特に言葉のやりとりが不得手な子どもなどには積極的に用いられています。また治療を目的としたものばかりではなく、健康な人の悩みや苦しみを癒し自己成長や自分らしさを取り戻すことにも役立つとされています。

【アートセラピーを体験してみてほしい!】

アートセラピーは作品の上手下手に関わらず、作品作りを通してリフレッシュすることができます。これは一度体験してみないとなかなか体感することは難しいかもしれません。

 いただいたご資金を元に、ゴールデンウィーク明けや夏休み前後など、子ども達の気分が沈みやすい時期に参加費無料のアートセラピー体験会を開催したいと思います。
●施設をもっと充実させたい!

 現在フリースクールだーちゃでは子ども達が勉強で使う参考書や問題集、そして様々なジャンルの本が不足しております。他にも子ども

タイトルとURLをコピーしました