展示の出前!つぼみの絵と詩~施設内展示で全国の子どもたちにつぼみパワーを届けたい

展示の出前!つぼみの絵と詩~施設内展示で全国の子どもたちにつぼみパワーを届けたい
草花の力強いつぼみの力に感動し、コロナなんかに負けないさ!という思いで描き続けてきたつぼみの絵とポエム。つぼみはまさに花開くいのちのドラマ。このつぼみの持ついのちのパワーと素晴らしさを、展示の出前!施設内展示というかたちで全国の子どもたちのこころに届けるプロジェクトです。

草花の力強いつぼみの力に感動し、コロナなんかに負けないさ!という思いで描き続けてきたつぼみの絵。 コロナ禍だからこそ生まれたつぼみの絵。「つぼみ」は、まさに花開くいのちのドラマ。このつぼみの持ついのちのパワーと素晴らしさを絵とポエムで表現!      展示の出前!施設内展示というかたちで全国の子どもたちのこころに届けるプロジェクトです。

【プロジェクト起案者からメッセージ】

大人も子どもも「夢と希望」は生きる力のもとー。
コロナ禍にとどまらず、子どもたちのいじめ問題や自殺等を耳にするたびに心が痛みます。 今日デジタル化とAI化がどんどん進む現代の生活環境にあって、ひとりひとりの子どものこころに、身近な自然やいのちの力、いのちの大切さ、そして優しさを草花絵画を通じてこころの栄養素として届けたいと思います。ささやかではありますが、この「つぼみのプロジェクト」が子どものこころを育む上でひとつの文化的、教育的なムーブメントとして役立つことを切に願います。長年にわたる草花絵画の集大成としても、この「つぼみプロジェクト」を推し進め、未来を担う子どもたちに届けたいと祈念します。どうぞご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。                                                                                                                                           蕾芯(らいじん)raizin 画家 立岡 佐智央(たつおかさちお)  

つぼみの絵とポエムは、インスタグラム内で投稿中です。ぜひご覧ください。

蕾芯 raizin

【今日の大きな課題】 子どもたちの置かれた環境は、今・・・
コロナ禍の長期化により、日常の平穏を失い大人も子どもも夢くじかれ、希望の持ちづらい社会全般の状況です。今や、コロナ禍という名の新たな大災害という認識を持つ必要があります。子どもたちの教育現場においても校外の活動が制限を受け、文化的な取り組みや人と人の交流も縮小の一途を辿りつつあるのが現状です。また、教育現場のオンライン化もさらにスピードを増し、ますます人と人、直接自然から学ぶ機会が減少していくたいへん偏った環境下に子どもたちは置かれています。子どもたちのいじめ問題や自殺といった「いのちとこころの学び」も今日の社会的な背景と無関係ではありません。

【今、私たち大人は子どもたちに何ができるだろうか!?】 5年、10年先の子どもたちの育ちを考えた時・・・
教育が子どもたちの頭と身体とこころの育ちを促し、導き育てるものとしたら、このコロナ禍の状況はたいへん厳しいものがあります。長期化により、社会的、経済的にも多くの人が困窮状態に追い込まれ、また子どもたちもその流れに逆らうことが出来ません。
そのような状況の中で、コロナ感染リスクを最大限に抑えることが出来る「展示の出前!!」「施設内展示」という方法で、つぼみの持ついのちのパワー、つぼみの絵とポエムで少しでも勇気や夢抱く力を感じ取り、また、身の回りの自然に目を向け・つぼみの花開く不思議やパワーに気づき、関心を持ってもらうことは、いのちの素晴らしさや、大切さに気付く大きなヒントを与えることでしょう。ワクチンや治療薬のような即効性はあ

タイトルとURLをコピーしました