*CAMPFIRE限定価格*飛騨高山産「とまじゅう」の美味しさをみなさんの食卓へ

*CAMPFIRE限定価格*飛騨高山産「とまじゅう」の美味しさをみなさんの食卓へ
自然豊かな「飛騨高山」でトマト農園を営んでいます。農園の絶品トマトジュースと11年続く農園を守り、持続可能な農業のカタチを作り上げていきたいと思っています。コロナに負けず、これからもより多くの人にトマトジュースを飲んでもらいたいと思いプロジェクトに挑戦します。

はじめまして。私たちは乗鞍の麓、飛騨高山でトマト農園を営んでいます。

「飛騨の大地から美味しい笑顔を届けたい。」

そんな想いで様々なカタチで少しでも多くの方に美味しさをお届けできるようトマトの生産、ジュースの製造、販売、イベントでの出店など様々な活動をしている農園です。

今回のプロジェクトでトマトジュース好きの方はもちろん「トマトは好きだけどトマトジュースは苦手・・・」という方にも「とまじゅう」の美味しさを知ってもらい、飛騨高山の美味しいものを様々なカタチで発信することを継続したいと思っています。

私たちは農業にまつわる「つくる」ことを大切にしています。

こうした取り組みで「飛騨や農業の魅力を知ってもらう場所づくり」へとつながっていけるような活動をしていきたいと思っています。

寺田農園が位置する飛騨高山は観光地として有名で多くの方が足を運んでくれます。「実は飛騨ってトマトもおいしかったのね。」と来てから知る方も少なくありません。

今までは観光で訪れた高山で飲む→美味しい→ファンになってくれるという形できっかけ作りができていました。

ですが高山へのお客さんが減少した今、コロナの打撃を受けていて、これまでのカタチでは在庫も残り、今年のトマトジュースづくりができなくなってしまう。これからはどうやってお客さんの元にPRしていこうか。という問題に直面しました。いろいろな状況が変わりコロナでピンチになり、改めて私たちがどうありたいか?これから先のビジョンは…?を見直し議論をしました。

わたしたちがめざす「FARM to TABLE」をカタチにしていきたい

もっとお客さんとの直接な「つながり」をつくっていきたい

という答えに辿り着きました。
そんなとき以前聞いたクラウドファンディングを通じてたくさんの人に知ってもらえるチャンスがあるのでは・・・と思い、今回のプロジェクトを始めることにしました。

これを機にまずは「とまじゅう」を知っていただき、みなさんとのつながりを通して飛騨の美味しいものや魅力をもっともっと知ってもらえる取り組みをしていきたいと思っています。

「農業」=農作物をつくるというイメージだと思いますが、私たち寺田農園ではトマトの生産、加工、販売をしながら、子供向けのワークショップや市街地でのアンテナショップの運営、地元でのイベント出店など様々なカタチで農業の魅力を伝える取り組みをしてきました。

台風によりビニールハウスがつぶれトマトが収穫できなくなり涙を飲んだ年もあったり、人手が足りず夜な夜な作業をした時もあったりと決して平らな道を歩んできた会社ではありません。

でもここまで継続してこれたのは「人」のパワーのおかげです。

働くスタッフ、サポートしてくれるまわりの人や地域の人、お客さんからの「美味しかったよ」の嬉しい言葉に助けられながら、ここまでやってきました。
そういったサポートと共に一歩一歩進んできたおかげで、今の寺田農園があると思っています。

寺田農園の「庄兵衛さん家のとまじゅう」はトマトの品種による味の違いを楽しんでもらえるよう、3種あります。
今回は一番スタンダードな「桃太郎」をメインにリターン品をご用意しました。

子育て世代のスタッフ、女性スタッフが多く安心・安全はもちろんですが「子供たちが笑顔になる」ものづくりを心掛け、できる限り農薬を使わない減農薬栽培をしています。

また樹で熟してから収穫しているので、えぐみや青臭さがなくトマト本来のおいしさを実感していただけます。ジュースは無塩・無添加

タイトルとURLをコピーしました