~荒れ地に生命を取り戻す~ 耕作放棄地を自然栽培畑にして本物の野菜を届けたい!

~荒れ地に生命を取り戻す~ 耕作放棄地を自然栽培畑にして本物の野菜を届けたい!
未来ある子ども達に安全な野菜を届けたい、そして良い環境を次の世代に残したいという思いから、このプロジェクトを立ち上げました。微生物活性化資材「バクチャー」を用いて耕作放棄地を再生することを目的としています。ご支援、宜しくお願いします!

ご挨拶

はじめまして、つくば自然農園の坂本一信と申します。このたびは私達のクラウドファンディングに興味を持っていただきありがとうございます。私は、娘のアレルギーをきっかけに食の安全に興味を持ち、日本の食の惨状や、今の農業がどれだけ環境を破壊しているかという現実を学び、この国の未来ある子ども達に自分達で作った安全な野菜を届けたいという思いから、2020年6月に環境省の外局である原子力規制委員会の官僚という立場を捨て、農業の世界に飛び込みました。私達つくば自然農園では、都心から約40km、田園と里山が広がる情緒豊かなつくばみらい市にて、農薬・除草剤を一切使わず、そして肥料にも頼らずに本物の野菜を育てています。

プロジェクトで実現したいこと

日本の農薬使用量は世界のトップクラスです。また、化学肥料も過剰に使うことが当たり前となっていて、ヨーロッパの国々から、「日本の野菜は汚染されている。」と言われるほどの悲惨な状況です。2人に1人が何らかのアレルギー体質、先進国でガンが増えているのも日本だけ、また特に子どもに自閉症・多動性障害が増えているのが現実です。この状況を「何とかしなければ!」という思いで、つくば自然農園では農薬も化学肥料も使わない野菜作りに取り組んでいます。

そのような中、微生物を活性化して地球を浄化するバクチャーと出会いました。このバクチャーを使った土地で育った野菜の放つエネルギー、そして美味しさに感動し、この野菜をより沢山の人々に届け、更に大地を浄化することに一役買いたいと考えるに至りました。

近年農業の担い手が減少し、耕作放棄地が私たちの地域でも目立ち始めていますが、今回のプロジェクトでは、 このような荒れ地と化した土地を微生物活性化資材「バクチャー」を使って畑としてよみがえらせ、より多くの方々に安全で美味しい野菜をお届けできるよう、生産供給体制の強化に取り組みたいと考えています。 再生された畑で、初年度はさつまいも等を栽培する予定です。

(上の写真は今回のプロジェクト対象の耕作放棄地です。一度も農薬・除草剤を使ったことがないという好条件の土地です。)
当農園のこだわり

つくば自然農園では、農薬も肥料も使わず、土に住む微生物の力を借りて野菜を育てる「炭素循環農法」を取り入れています。一般の有機栽培よりも更にこだわり、化学肥料のみならず、動物性肥料(家畜の糞からできた堆肥)も使わないことで飼料に含まれる抗生物質や添加物の残留の心配のない土作りを行い、お子さまや化学物質過敏症の方々も安心して食べられる栄養価に富んだ美味しい野菜を作っています。また、体に有害な「硝酸態窒素」の野菜中の含有率が極めて低いことも当農園の野菜の特徴です。

無肥料で育てた野菜は、地中に広く根が張って大地のミネラル等をしっかり吸収して力強く育ちます。このように育った野菜は、エグ味のない野菜本来の栄養とうまみがぎっしり詰まった本物の味がします。野菜が苦手な方でも「おいしい!」と言って食べてくれます。
バクチャーとの出会い

バクチャーは、多孔質火山礫を主原料として、自然界に存在する物質だけで作られている微生物活性化資材です。バクチャーを開発したRBCコンサルタントによると、「バクチャーには、 環境中の微生物と接触することで、微生物の分解作用を急速活性させる働きがあります。 バクチャー自体は微生物を含むものではなく、環境中の微生物活性化の触媒、起爆材のようなものです。 バクチャーの活用により、水質汚染や土壌汚染など、さまざまな環境問題の解決が可

タイトルとURLをコピーしました