あなたの力で、名作を。児童文学『モイーの島』広告掲載プロジェクト

あなたの力で、名作を。児童文学『モイーの島』広告掲載プロジェクト
優れた児童文学は、未来を見つめる大人たちによって時代を超えて受け継がれ、子どもたちの夢を叶える助けになるでしょう。この度、著書『モイーの島』が、そのような大人たちによって見出され、『モイーの島』に込めたメッセージに賛同して頂ける多くの方々、志を持ったあなたにこそ、協力を募りたいと思います。

はじめに・ご挨拶

「みなさま、はじめまして。イプ・レオラックと申します。私は『モイーの島』という児童文学作品を書きました。そして、この作品に関する、この度のプロジェクトのご説明をさせていただく前に、お伝えしたいことがあります。それは、必然性に関するお話です。『モイーの島』は、寓話児童文学として書きました。なぜなら、ある時友人が、私にこの本を書くきっかけを与えてくれたからです。それは、過去少なくとも50年間、スタイルを超えて歴史の一部になるような名作たる寓話児童文学が誕生していない、というものでした。浅学の私に、そのような問いに対して返せる答えはありませんでしたが、この時、私の使命感は確固たるものに変わったのだと思います。私は寓話が大好きでした。言わずと知れた名作、サン=テグジュペリの『星の王子さま』は優れた寓話であり、私の人生のすばらしい一部であります。寓話は痛切に時代を切り取り、後の世代へのテーゼとなる、なくてはならない方法です。私はこの時、それは私が書かなくてはならないと考えました。なぜだかわかりませんが、そうしなければならないと感じたのです。それが私のデビュー作となりました。そして、このようにして生まれた作品が、私の力だけで、なにか時代を超えた特別なものになるということはありえません。なぜなら、発信したものは誰かに受け止めてもらわなくてはならないからです。受け止めてもらわなくてはならないということは、どんな形であれ、発信された内容自体にはそれほどの価値はないということであります。私はこのことを、とても喜ばしく感じます。私の作品が、人知れず未知の砂漠を転がっていない限り、私の作品に付いたどんな評価であれ、そこには誰かがいるからです。私は、顔の見えない誰か、今を生きる誰か、未来の誰かに向けて、この作品を書きました。この文章を読んでいただき、心から感謝いたします。ありがとうございます」
このプロジェクトで実現したいこと

この度のプロジェクトで実現したいことは、
より多くの人に、寓話児童文学『モイーの島』を読んでいただきたいということであります。
本プロジェクトの概要を以下に記します。

・目的 : 著書『モイーの島』の宣伝

大手新聞紙の一面に著書『モイーの島』の広告を掲載いたします。現在『モイーの島』は、紙媒体としての出版は、いずれの出版社様からもされておりません。したがって、広告として掲載される予定の商品自体は、電子媒体であるレンタルサイトhttps://www.islandofmoii.comにて掲載された『モイーの島』 (閲覧無料)ならびに、Amazon Kindle版として発売されている『モイーの島』 https://www.amazon.co.jp/モイーの島-児童文学-イプ・レオラック-ebook/dp/B088DXD71H (販売価格0円)と、楽天ブックス版として発売されている『モイーの島』 https://books.rakuten.co.jp/rk/72a467e36137399499d801600309d8c7/?l-id=search-c-item-img-01 (販売価格0円) であり、これにより現時点でプロジェクトの内容自体が収益につながるようなものではございません。募る資金はプロジェクトの遂行のみに費やされる計画でございます。
なおプロジェクトの性質上、ご支援者さまにつきましては、

○レンタルサイト『モイーの島』 (閲覧無料)
https://www.islandofmoii.com

○ Amazon Ki

タイトルとURLをコピーしました