生理用品を無償提供するプロジェクト

生理用品を無償提供するプロジェクト
「生理の貧困」が大きな話題になっています。「生理の貧困」解消の為、皆さんの力をお借り出来ればと思います。ご支援頂き、リターン品としてお送りする生理用ナプキンと同じ数量+αの生理用ナプキンを皆様に代わり、こども食堂、フードバンク、学校、シングルママサポート団体等に無償提供させて頂きます。

【はじめに・ご挨拶】

 1968年創業の株式会社G-Place。環境配慮の高い様々なサービスや商品を提供している企業です。
 2012年、自然派生理用品を開発、発売開始し使用感の快適さから多くのご愛用者様より感謝と喜びの声を頂戴しております。2021年1月、新しく立ち上がった「Femtech Japan」(フェムテックジャパン)。女性特有のウエルネス課題をテクノロジーで解決する取り組みが「フェムテック」。
 より快適な日々をお過ごし頂ける人々が増える事を目指し、「フェムテック」啓蒙活動をスタート致しました。

【このプロジェクトで実現したいこと】

2021年3月8日「国際女性デー」前後に大きな問題提起が発生した「生理の貧困」。自治体や政府も動き出しております。私共も生理用品を購入する為に苦労している方が多く存在している状況を何とか改善出来ないかと本プロジェクトを立ち上げました。

 皆さんにご支援頂き、リターン品としてお届けする生理用ナプキンと同じ数量+αの生理用ナプキンを「こども食堂」「フードバンク」「学校」「シングルママサポート団体」「自治体」等へ無償配布し、生理用品の入手に悩む方を減らす事が目的です。

また、私共と致しましては「生理の貧困」は、世間で語られている生理用ナプキンの入手に苦労している方々だけではなく、毎回の生理を快適に過ごせていない方々も「生理格差」「生理の貧困」の対象者様と考えております。支援者の皆様に快適な生理用品をリターン品としてお送りする事も大きな取り組みの一つです。

 配布先は以下をご参照ください。

【プロジェクトに取り組もうと思った理由】

 昨年まで生理用品ブランドのプロジェクトマネージャーを務めている中で、多くの愛用者様より「生理期間を快適に過ごせるようになった事」に対しての喜びの声を頂戴しておりました。
その声にお応えし、皆様への感謝の想いと共により快適な世界観をお伝えする為に立ち上げた「Femtech Japan」。
女性特有のウェルネス課題をテクノロジーで改善する今まで余り知られていない商品やサービスを広く啓蒙する事がナプキン設立目的です。その活動の中「生理の貧困」という問題が浮き彫りになった事に大きな衝撃を受けました。「生理の貧困」を置き去りにして「Femtech」の啓蒙活動を進める事に大きなアンマッチを感じ、今回のプロジェクト実施を決断致しました。

【これまでの活動】

 ①大分県のこども食堂「すみれ学級」さんよりご希望を頂き、2018年からナチュラムーン生理用の無償提供を現在も継続実施しております。
 ➡こども食堂「すみれ学級」公式サイト

 ②医療従事者に対し、無料でホテル宿泊を提供していた株式会社JHAT社運営「ICHIホテル浅草橋」さんの取り組みに対し生理用品を無償提供致しました。
 ➡JHAT社「医療従事者応援」

 ③CAMPFIREにて2度のクラウドファンディングを開催し、89万500円のご支援を賜りました。
 多くの皆様からのご支援により約2,500パック(40,000個)の生理用品無償提供を実現。

 ④「フードバンクあつぎ」様の活動にて生理用品をお届け出来た方より感謝のハガキが届きました。

【無償提供数イメージ】

  50万円➡約800パック(12,800個)

  80万円➡約1,500パック(24,000個)

  100万円➡約2,500パック(40,000個)

【資金の使い道】

●リターン品に生理用品が含まれるご支援

(支援金6,000円)
  

タイトルとURLをコピーしました