OEMメーカーとして長年培った技術を凝縮!金属加工が美しいローラーボールペン「サファリ LACLバージョン」絶滅危惧種を守る思いをデ…

OEMメーカーとして長年培った技術を凝縮! 金属加工が美しいローラーボールペン「サファリ LACLバージョン」 絶滅危惧種を守る思いをデザインに託す。
台湾の筆記具ブランドIWIによる、他にはないデザインのローラーボールペンシリーズ。 ドイツシュミット社のリフィルで、なめらかな書き味にこだわりました。台湾の絶滅危惧種の保護への意識を高めるエレガントなデザインが特徴です。

IWIは1985年に設立し、30年以上に渡り欧米の有名ブランドのOEM生産を手掛けてきました。その高い技術とノウハウを結集、オリジナルブランドを立ち上げました。台湾の文化と国際的なモードを融合した高品質かつ手ごろな価格の筆記具を展開しています。

●台湾の老舗筆記具ブランドIWIによる、他にはないデザインのローラーボールペン

●ドイツシュミット社のリフィルで、なめらかな書き味にこだわりました

●さりげなく台湾の絶滅危惧種の保護への意識を高めるデザイン

テーマは“絶滅危惧種の保護”
ストーリー

WWF(世界自然保護基金)の報告では、過去50年で地球の生態系の多様性は68%減。人類は地球が1年間で自然に生産する供給力の実に1.6倍もの自然資本を消費しているとされています。

大量消費が生み出す二酸化炭素による地球温暖化や乱開発で野生生物の生息域は狭まり、その個体数も年々減少しています。彼らの生命の保護は、私たち人類の使命とも言えます。

デザインは、台湾だけに生息し、絶滅危惧種に指定されている「タイワンツキノワグマ」と「フトオアゲハ」がモチーフ。

IWIは、欧米の文房具を支える高い技術力を培ってきた文具のメーカー。技術に定評があり台湾で高い人気を誇るIWIが送り出す「精緻な金属加工」と「なめらかな書き味」「高いデザイン性」を持つサファリ ローラーボールペンは、書く喜び、所有する喜びを楽しめる一本です。

胴軸とキャップはメタリックなエナメルのラッカー仕上げ。

野生動物の装飾やペン軸、天冠、クリップなどはそれぞれのイメージカラーに合わせて貴金属色の鍍金仕上げを施しました。

胴軸は適度な太さがあり、絶妙な重さが心地よい筆圧を生みスムーズに筆が走ります。そのため長い記述作業でも手に負担が少なく、その書き心地の良さにいつまでも書き連ねたくなる誘惑にかられます。

キャップに“Taiwan Black Bear” ”Agehana maraho”の名をさりげなくエッチング。

メタリックでラグジュアリーなデザインは、普段使いはもちろん、贈り物にもおすすめ。
普遍的なテーマでスタイリッシュなアニマル柄は、性別・世代を問わずに末永くご愛用頂けます。

LACLシリーズは、台湾固有の絶滅危惧種の動物を立体的に装飾しました。
*LACL:LOVE ANIMALS! CHERISH LIFE! の頭文字

100年の歴史あるドイツのシュミット社リフィルで滑らかな書き味

「サファリ ローラーボールペン」では滑らかな書き味で世界の文具愛好家から定評があるドイツのシュミット社製の水性インクのリフィルを採用しています。

シュミット社製のリフィルは表面に無数の穴が空いたセラミックボールを採用しています。インクが穴に絡むため吸い付きが良く、ペン先を紙に滑らした時にカスレがほとんどなく筆致は常に均一。美しい線が描けます。

それぞれの動物をイメージした二つのデザインからお選びいただけます。

1.タイワンツキノワグマ 

ブラックのメタリック・ラッカー仕上げ、ガンメタリックの立体的デザイン装飾

2.フトオアゲハ 

真珠色のラッカー仕上げ。ゴールドの立体的デザイン装飾

タイワンツキノワグマとは?

タイワンツキノワグマ(Taiwan Black Bear)は、ツキノワグマの台湾固有の亜種で、台湾に 生息する唯一のクマです。ここ数十年の深刻な開発や乱獲により個体数が減少しています。現在、台湾に残っているのは約200〜600匹で

タイトルとURLをコピーしました