カレンダーを毎日セットするだけで、脳トレにもなって一石二鳥!

カレンダーを毎日セットするだけで、脳トレにもなって一石二鳥!
「最近記憶力が落ちたかも…」そんな人に贈る毎朝1回のパズル習慣で楽しく脳に刺激を与えましょう。毎日パズルをやっても、答えは12万通りもあるので、すべてやり尽くす心配はいりません。また、カレンダー式なので、毎日の脳トレを習慣化できます。

ノルウェーの数学者が作製した本格的なパズルが日本に上陸します。

数学者が運営するパズルメーカー【Dragon Fjord】が、

日本正規輸入代理店を立てて、日本にやってきました!!

パズルの表記は「ノルウェー語」がカッコいいんじゃないかとのことで、
「ノルウェー語」になりますが、
英語と似ているのでそこまで心配はいりません。

各月の日本語訳、およびメーカー添付の英語の説明書の日本語訳も

一緒にお付けしますので、英語がわからない方も大丈夫です。

数学者により計算されたデザイン、カレンダー式パズル【A-Puzzle-A-Day】は、

365日、全ての日付を表示することができます。

突然ですが、
Q 問題です。

1月13日

を、このカレンダー式パズル【A-Puzzle-A-Day】で作ってみましょう。

ピースは全部で8 種類あります。

この8つを、赤枠で示した「Jan」と「13」が隠れないように、

カレンダーにピースをはめていくことで、

出来上がります。
【ヒント1】です。

それぞれのピースに、①~⑧の番号を付けて、

①~⑧のピースを、正方形のマスで示しました。

全てのピースは5マス または 6マスで表すことができます。

それぞれのマスの数を考えながら、カレンダーの四角に、はめてみましょう。

【ヒント2】です。

ピース⑤を使ってみました。

このように、黄色く塗りつぶした部位に配置することができます。

さて、2個目のピース、どうやって配置しますか?

では、答え合わせです。

あれ、答えがいっぱいある???

このパズルは、答えが 数通り、あります。

1つの日付は

最低でも 7 パターン 、

多いものは 200 以上 もの

組み合わせがあります。

再び、1月13日に登場してもらいます。

このように、組み合わせは、あなた次第。

もちろん1月13日の答えはこれだけではありません。
Q. 次の問題です。

さらに、この3つのパターンのうち、

どれか一つを使うと

1月14日も簡単に表示できてしまいます。

どれか、わかりますか?

日付の表示の仕方は、

コンピュータープログラムで試算したところ

12万通り以上ありました。

普通のカレンダーのように毎日の日付を表示しても、

12万÷365= 328年かかります。

そのため、やり尽くして脳トレにならない。。。なんてことは起こりません。

遊び方を説明したいと思います。

やり方は簡単。

ピースは、全部で「8個」です。

(注;表記は、ノルウェー語です。ですが、英語にとても似ています。

   日本語訳も一緒にお付けしています。)

記念日や、誕生日、お正月、クリスマス、

イベントの日を表示して、飾るのもいいですが、

おすすめの使い方は、

毎日のカレンダーです。

1日1回、カレンダーを利用して、脳トレの機会を作りましょう。

習慣化、難しいと思いますか?

それは一旦やってみればわかると思います。

つい、夢中になって戦略を考えていたら、1日が終わってしまった。。。

そんなこともあります。

ノルウェーからの感想をお届けします。

人生100年時代です。

記憶力の衰えが気になるあなた。

まだまだ先が長いです。

これからの長い人生、今から衰えてて大丈夫でしょうか?

毎日できるパズルで、脳に汗をかいて、生涯現役を目指しましょう。

「毎日できるパズルって楽しそう!

でも、ほんとに、パズルって脳トレになるの?」

そん

タイトルとURLをコピーしました