スリランカの美味しいスパイス料理を広めスリランカにも貢献したい!

スリランカの美味しいスパイス料理を広めスリランカにも貢献したい!
現地スリランカ人シェフによるスリランカ専門店を作っており、働く場所の提供をするとともに、日本の皆さんにも美味しいスリランカ料理を食べてもらいたいと思っています!

はじめに・ご挨拶

初めまして!

栃木県宇都宮市で、家族で『食堂酒場 38HOUSE(サヤハウス)』という居酒屋を営んでおります。

オーナーの山本沙綾香(やまもとさやか)と申します!

スリランカ人の主人PUPPY(パピー)が、本場のスパイスを使ったスリランカカレーを仕込んでいて、スリランカ料理も食べられる居酒屋をやっています!

ランチタイムは母が、夜は私と主人で営業しています!

SAYAKAPUPPY&山本沙綾香です!

38HOUSE 店内
38HOUSE 外観
プロジェクトをやろうと思った理由

主人の故郷であるスリランカは、日本に比べると、もともと仕事があまりなく低賃金で貧しい国です。

コロナの影響もあり、ロックダウンが続いている事もあり、更に経済状況が良くないようです。仕事がない友人もたくさんいて、主人は何かできることはないかと、いつも気にかけています。

多方向での可能性を考え、今後は会社にしてもっとお店を増やして雇用を増やしたり、スリランカ現地でも出来るビジネスも考えています!

そんな中で私たちはまず、2号店としてスリランカ専門店を作り、シェフを2人を雇用して働いてもらおうと思いました!

このプロジェクトで実現したいこと

現在栃木県小山市間々田に、さらにスリランカ 料理に特化した2店舗目の「スリランカ食堂 PUP HOUSE」をオープン予定です!

新店舗外観

店内スリランカ人シェフ2人を雇用して働いてもらうことで、日本にいる皆さんには美味しいスリランカ料理を食べてスリランカの文化に触れてもらいながら、楽しい時間を過ごしていただければと思っています!

スリランカ料理はスパイス料理で、日本人でも一度食べるとそのスパイスの旨味に魅了され、好きになる方も多いです!

そんな美味しいリランカ料理を多くの皆様に味わっていただきたいと思っています!^_^
これまでの活動

困った人がいたら助ける!

みんなが笑顔で幸せになれるように!をモットーに少しずつですがボランティア活動もしています^_^

宇都宮の冠水災害で炊き出しボランティアをしました。お客様も野菜の寄付や当日のお手伝いをしてくれた方もいて、被害に遭われた方達は温かいご飯が食べられて喜んでいただけました!

当店からは豚汁を振舞いました!

4月に主人の故郷スリランカのキャンディで大雨による冠水被害がありました。

生活用品や食べ物もなくなり困っているという話を聞き、週末の売り上げを全額と、お客様から寄付していただけた分もまとめて合計25万円寄付しました。

現地の友人達が食料を買って炊き出しをしたり、各家庭に配ったりして大変喜ばれました。

現地の炊き出しの様子

急遽書いて掲示したポスター

食材を配っている様子

飲食店仲間と協力して、養護施設の子供達を招待した子ども食堂を開きました!

各店舗の自慢の料理をお腹いっぱい食べていってもらいました^_^

子ども食堂時のお料理の一部

後日新聞に取り上げていただきました!

クリスマス、ひな祭りなどイベント時に養護施設にお料理を届けたり、集めた子供服やおもちゃなどを寄付しています!

ひな祭りに寄付した手作りケーキと唐揚げ
シャンメリーは酒屋さんに協賛頂きました!市場、漁師さん支援のプロジェクトに参加しました!

市場から魚を仕入れ、刺身や海鮮丼などを販売して売り上げの一部を寄付させていただきました!

後日、長靴を購入いただきました!

市場、漁師さん支援のチラシ

私たちの商品・お店のこだわり

スリ

タイトルとURLをコピーしました