愛用の一眼レフ・ミラーレスが 完全防水に。Outexで水中撮影を楽しもう!

愛用の一眼レフ・ミラーレスが 完全防水に。Outexで水中撮影を楽しもう!
一眼レフの防水ハウジングは30万円前後が多い…もっと手軽に水中撮影を楽しめる完全防水ケース登場!一眼レフ・ミラーレスに対応。雨、雪、砂、泥、水中、ハードなシチュエーション下でも撮影OK。大手メディアやファッション雑誌、某軍隊、水中写真家、冒険家など…第一線のプロが認めた逸品です。

一眼レフの防水ハウジングは30万円前後が多い…もっと手軽に水中撮影を楽しめる完全防水ケース登場!
誤った取付方法ですと浸水の恐れがあるため正しい使用方法でご利用ください。

一眼レフ・ミラーレスの様々な機種に対応。雨、雪、砂、泥、水中、ハードなシチュエーション下でも撮影OK

大手自然科学系雑誌、大手清涼飲料水メーカー、大手放送協会、大手有名ファッション雑誌、某軍隊…第一線のプロが認めた逸品

この機会は逃せない!
海外で累計6,000個以上販売した人気商品が今ならCAMPFIREで手に入る!

ニコンアンバサダーでもあるロシアのプロ写真家Kirill Umrikhinさん
私はサーフィンやヨットでも撮影したいと思い、NIKON D5に合う防水カバーを探しましたが、ハードケースタイプはどれも大きくかさばるので、Outexにしました。特に、軽さやと携帯性を気に入っています。

ブラジルのエクストリームフォトグラファー Ale Socciさん
世界中の絶景を求め、旅していると、雨や海、泥の中など、過酷な環境での撮影となります。そのような状況でも、自分が表現したい通りの撮影が出来ます。コンパクトで持ち運びしやすいのもいいですね。

アメリカのカメラマンユーチューバーDavid Johnstonさん
長い目でみると、フロントレンズの買い替えだけですべてのボディ、レンズで使えるので、節約になり、賢い選択です。

インドの写真家SudhanshuVermaさん
ホーリーは私にとって特別なお祭りです。Outexのカバーのおかげで、機材の心配をすることなく、精力的に撮影に集中できました。

水中写真家Sarah Leeさん
最初は慣れるまで装着するのに、少し時間がかかりましたが、何度か使ううちに問題なくなりました。様々なレンズでも使えるので、水中で広角レンズや魚眼レンズ、単焦点レンズを試せるのが好きです。
※レンズのフィルター径により、ステップアップリングが必要な場合があります。

せっかく購入した一眼レフ、ミラーレス。
しかし、こんな場面では撮影を諦めていませんか?

海、川、プールなど水中

雪、雨など悪天候

砂、泥など汚れの付きやすいアウトドア

大自然の圧倒的な美しさ

※水深10mまで撮影可能

非日常だからこそ弾ける笑顔

どんな悪天候、どんな汚れも気にせず
とっておきのシーンを撮影したい

どんなシチュエーションでも貴方は撮影だけに集中できる!

完全防水カメラハウジングOutex

シリコンのケースに入れて、レンズを取り付けるだけ

手持ちカメラが水中カメラに変身!

①本格的な防水ハウジングを購入してカメラを保護する
→「でも平均30~40万なんて、予算オーバー・・・」
「しかも機種限定だから、他のボディには使えない・・・」

②防水仕様のコンデジを買う
→「一眼レフに慣れていると、画質の粗さが残念・・・」

③愛用のカメラのまま、Outexを装着する
→「完全防水なのに、操作性◎」
「ドームレンズを選べば水中でプロ並み撮影!」
「コンパクトに折り畳めるから旅行・アウトドアに便利!」

とっておきのシーンを撮影したい!でも、ムダな買い物はしたくない!
そんな貴方のための、賢い選択 Outex

シリコンのケースに入れて、レンズを取り付けるだけ!

①カメラに防水カバーを被せる

②フロントレンズを装着し、フィルター枠に防水カバーを被せる。レンズ、カバー、ワッシャー、アウターリングの順になるように締める

③リアレンズにマウントを装着、ボデ

タイトルとURLをコピーしました