協力お願いします!コロナ禍でも負けない「BEATPOPSTUDIO」新施設支援!

協力お願いします!コロナ禍でも負けない「BEATPOPSTUDIO」新施設支援!
宮城県北にある貸しスタジオ兼ライブハウス「BEATPOPSTUDIO(ビートポップスタジオ)」では、新しい生活様式に対応するために、スタジオに併設されたログハウスをリフォームし、音楽制作ができ、宿泊できるレンタルスペースを新設中です。現在、お風呂の増築費用が足りず、協力金を募っています。

はじめに・ご挨拶

こんにちは!初めまして。
宮城県北にある「BEATPOPSTUDIO(ビートポップスタジオ)」は貸しスタジオ兼ライブハウスとして、軽音楽を愛する地元の皆さんに親しまれていました。

しかし、昨年からのコロナ禍で、音楽関係イベントや夏祭り、文化祭などほとんどが無くなってしまい、友人や仲間たちと共有する時間もすべて奪われました。

みんなが一緒に笑顔で笑いあうような風景も
もう懐かしくさえあります。

このプロジェクトで実現したいこと

コロナ禍の新しい生活様式に合わせた、人々が安心して集い、共有できるスペースを作りたいと、元々飲食スペースやミーティングスペースとして活用していた併設のログハウスを、宿泊できるようにリフォームしました。しかし予算が厳しく入浴施設がありません。

このプロジェクトではこのログハウスにお風呂を増設して、宿泊できる施設にしたいのです。
音楽好きな仲間たちで集まって、また集える場所を作りたいのです。
プロジェクトをやろうと思った理由

またみんなで集いたい。

少人数でもいいから安心して音楽を楽しめる空間を作りたい。

そんな想いから
みんなが憩える場所、笑顔が共有できる場所として
多目的に使えるレンタルスペースを貸しスタジオに併設することにしました。

その名も「BEATPOPSTUDIO LOG STATION(ビートポップスタジオログステーション」

これまでの活動

ビートポップスタジオはオープンしてから22年。ライブハウスとして定期ライブを開催してきました。学生の頃からこのスタジオに遊びに来てくれた子達もたくさんいます。そして都会に巣立って言った人たちも。大人になって自分たちの子供たちに音楽を習わせたいとスタジオのドラム・ギター教室に通わせてくれる人もいます。

この場所を残すために、どうぞ新しい取り組みにご支援願います。
資金の使い道

皆さんからご支援いただいた資金は、以下の内容で大切に使わせていただきます。

①ビートポップスタジオ「ログステーション」お風呂増築費用
②施設の新型コロナ感染防止費用
③「ログステーション」の宣伝費用
④リターン品にかかる費用
⑤クラウドファンディング決済手数料

お風呂増築費用以外にもログステーションの運営に伴う宣伝や環境整備等に使わせていただきます。どうぞ温かいご支援をよろしくお願いいたします。
リターンについて

リターンは2,000円から準備していますが、お礼状やビートポップスタジオオリジナルピックなどを差し上げます。そして10,000円以上からは「登米市に来てほしい!!」というお願いを込めて、新設されるログステーションの1日利用券を贈呈します。※宮城のオススメ観光地も紹介します!!!

★ありがとうメッセージ★2,000円
お礼状

★ありがとうメッセージとオリジナルピック★5,000円
お礼状とスタジオオリジナルピック

★LOG STATION1日利用券★10,000円
お礼状とログステーション1日利用券(当日15時から翌日15時まで)

★LOG STATION1日利用券 +スタジオ利用券★30,000円
ログステーションだけでなく本館の貸しスタジオもご利用いただけます!(当日15時から翌日15時)

★LOG STATION日利用券 +本館ライブホール利用券 ★100,000円
ログステーションの利用に加えて本館のライブホールをまるごと貸し切りにいたします。音響照明をフル活用してライブ映像の撮影や配信もできます!(スタッフ付き)(当日15時か

タイトルとURLをコピーしました