【声援課金】金子ボクシングジム7/20後楽園ホール大会に出場する選手を応援したい

【声援課金】金子ボクシングジム7/20後楽園ホール大会に出場する選手を応援したい
金子ボクシングジム所属選手を応援するクラウドファンディング。7/20にリングに上がるミドル級元チャンピオン・細川チャーリー忍選手、大久選手、進藤選手、高橋選手に声援を送る"投げ銭型"のクラウドファンディング。サポーターの想いを選手に届けます。試合終了後の"感動投げ銭"もお待ちしております。

金子ボクシングジム後援会は、選手の活躍を広めるための会長公認の団体です。

創業約50年を誇る「金子ボクシングジム」の後援会です。
金子ボクシングジムは、これまで数々のチャンピオンを排出、現在も多数のプロ選手が活躍しております。(日本チャンピオン9名、東洋太平洋チャンピオン5名、WBOアジアパシフィックチャンピオン1名、世界チャンピオン1名を輩出)

金子ボクシングジムの歴史

●1965年4月、金子ボクシングジム設立。
● 1980年10月、株式会社金子プロモーション設立。
● 1993年12月、新ジム完成。
● 2004年、長男、金子健太郎が後を引き継ぎ2代目会長に、次男、金子賢司がマネージャー兼トレーナーに就任。
● 2011年8月、ジム初の世界チャンピオン誕生(WBA世界スーパーフライ級、清水智信)

金子ボクシングジム後援会は、そんな金子ボクシングジムで活躍する選手を応援する公認の団体です。
所属選手の活躍を世に広めることを目的に活動しております。

7/20にリングに上がるミドル級元チャンピオン・細川チャーリー忍選手、大久選手、進藤選手、高橋選手を、クラウドファンディングで応援。試合前後に『声援を送りたい』 サポーターの想いを選手に届ける。

細川チャーリー忍戦績:19戦12勝(11KO)6敗1分
階級/ランク:第50代・第52代OPBF東洋太平洋ミドル級王座、第4代WBOアジアパシフィックミドル級王座

今回、金子ボクシングジムの看板選手である「細川チャーリー忍選手」をはじめ7/20に出場する選手を応援するためのクラウドファンディングを実施致します。
現在、ボクシングの試合では、新型コロナによる「入場制限」や「移動制限」などの影響で、
以前のような超満員・大歓声での開催が難しくなっております。

『選手を応援したい』、『声援を送りたい』というサポーターの想いを、金子ボクシングジム後援会が責任を持って届けます。
“投げ銭”、”スーパーチャット”のような仕組みで選手を応援!

クラウドファンディングを支援してくだった方は、「備考欄」に応援コメントの記載をお願い致します。
これを通じて、選手本人へ「お名前」と「試合に向けた応援コメント」を直接お届けします。
現在、流行している”投げ銭”、”スーパーチャット”のような仕組みで、選手を応援することが出来ます。

また、7/20以降は
試合後の「お疲れ様コメント」、「労い」として支援を承りたく存じます。
試合の感動、試合を終えた選手への応援を、こちらからいただけますと幸いです。

これまでも『会場には足を運べないけれども応援している』という方は大勢いました。
新型コロナによる影響で、そういった声が顕在化しましたが、
クラウドファンディング による”投げ銭”、”スーパーチャット”型の応援は、
金子ボクシング(金子会長)が以前から検討していた仕組みでございます。

また、皆様からいただいたご支援は、
手数料などを引いた残額全てを、金子ボクシングジムさんへお渡し致します。

※本クラウドファンディングは、金子ボクシングジム会長である金子健太郎氏からの了承のもと、
後援会が主たる実施者として運営致します。
内容に関してもご確認済みです。

金子会長から「ジムの運営資金ではなく、設備の改修やヘッドギアの購入など、選手へ還元したい」旨を預かっております。
金子会長

東海大学ボクシング部OB
金子繁治名誉会長の長男。大学卒業と同時に金子ジムのスタッフとなりトレーナ

タイトルとURLをコピーしました