「本当の幸せを考え、新たな一歩を踏み出そう!」人々の心を照らす舞台をお届けします

「本当の幸せを考え、新たな一歩を踏み出そう!」人々の心を照らす舞台をお届けします
「本当の幸せを考え、新たな一歩を踏み出そう!」コロナウイルスの影響で生きづらさを感じてしまっている人々の支えになりたい、勇気づけたい!!今年KEIO PRODUCTIONがアジア最大級の英語劇大会で最高の感動を皆さんにお届けします!

はじめに・ご挨拶

はじめまして!KEIO PRODUCTION2021です!

KEIO PRODUCTIONは慶應義塾大学公認団体の英語會(K.E.S.S.)に所属している英語劇を作る団体です。わたしたちは毎年11月下旬に開催される四大学英語劇大会(通称:四大)の優勝に向けて日々活動しています。四大は慶應・早稲田・立教・ひとつだ(一橋、津田塾)の四つの団体で行われる英語劇の大会で、アジア最大級の英語劇大会とも言われており、80年以上もの歴史があります。台本選びを始め、照明や音響、舞台装置や衣装、そしてキャストの英語や演技のトレーニングなどすべて1から自分たちだけで作りあげます。わたしたちはこの四大に大学生活のすべてをかけています。

☆公演情報

日時:2021年11月27日または28日(決まり次第お伝えします。)

場所:志木市民会館パルシティー(東武東上線志木駅から徒歩13分)
観客の心に届く英語劇を!!

わたしたちはこのプロジェクトを通して「観客の心にしっかり届く英語劇を作りあげたい、そしてそれを通してこういったご時世の中で生きづらさを感じている人々の心を照らしたい」と思っています。皆さんは一生心に残るような映画や舞台を見たことがありますか。またそのような作品によって勇気づけられた経験はありますか。劇などの製作物は本来の目的から少し外れれば、作り手の自己満足になることはよくあります。どうしても作っていく過程で主観的になってしまい、客観的な視点を忘れてしまうからです。わたちたちはそういった自己満足の舞台ではなく、確実に観客の心に届くような舞台を打ち出すことで、皆さんに感動を届け、一生忘れられない作品をお届けし、新型コロナウイルスの影響で生きづらさを感じてしまっている人々の心を明るく灯したいと思っています!
このプロジェクトをやろうと思ったきっかけ

KEIO PRODUCTIONは近年この四大で思うような結果が残せておりません。最後に優勝したのは2014年。それから6年間負け続き、その決定的な敗因は自分たちが劇を通して伝えたいメッセージをしっかり観客に届けられていないことだと気づきました。だから今年こそは「観客目線で打ち出す自分たちの舞台で自分たちが届けたいメッセージを届けたい!」それだけにとどまらず、メッセージを伝えきることで「人々の人生に影響を与えたい」、具体的には「コロナウイルスの影響で生きづらさを感じてしまった人々の心を照らしたい」と思い動き出しました。
今年伝えたいメッセージ

今年KEIO PRODUCTION2021が打ち出す舞台で伝えたいメッセージは「本当の幸せを考え、新たな一歩を踏み出そう」です。新型コロナウイルスの影響で外出自粛などを余儀なくされる日々が続いています。大学などでも全面オンライン授業になったりなど、従来の楽しさ、幸せというものがどこかへいってしまったかのように感じている人々も少なくはないはずです。しかしながら、わたしたちが理想と思う幸せを追い続けることが本当に幸せなのでしょうか。そのような囚われた幸せが自分たちの人生の幅を狭めてしまってはいないでしょうか。そういったことを改めて見つめ直し、本当に自分を幸せにするための新たな一歩を踏み出すきっかけになる作品になればと思っております!

また今年度KEIO PRODUCTIONは「真の自信となる舞台」という標語を掲げています。「真の自信」とはKEIO PRODUCTIONが正しい方向で進むことに加え、自分たちのこだわりを舞台にのせることです。それにより自己

タイトルとURLをコピーしました