佐賀の伝統工芸を日本中に広めたい!NPOが運営する社会貢献型オンラインショップ

オンラインショップを開設して、佐賀の伝統工芸の事業者さんを助けたい!
NPOだからできる社会貢献型オンラインショップを立ち上げます。収益は、事業者助成事業、商品開発、事業継承サポートなど、伝統工芸産業が持続可能な産業になるための支援策に活用されます。買い物をすることで、「暮らしに良いモノを取り入れ、心を豊かにしながら社会貢献できる」新しい形のオンラインショップです!

私たちは「つくり手とつかい手をつなぐ」というミッションのもと、佐賀県の伝統工芸支援活動を行っております。この度は、本プロジェクトにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

私たちは、これまで5年間にわたって伝統工芸支援活動に取り組んできました。その中で、「売上の減少」「オンライン化への対応」「後継者問題」などについて多くの伝統工芸事業者さんが悩みを抱えていることを知りました。

そこで、これらの問題を解決すべく「オンラインショップの開設」を行いたいと考えています。

オンラインショップを通じて、「事業者さんの売上増」「オンラインでの伝統工芸PR」をお手伝いすることができるようになります。

積極的な情報発信によって伝統工芸のすそ野を広げ、「つくり手」を志す方を増やしていきたいです。

日本には数多くの伝統工芸品があり、その中でも有田焼や伊万里焼などは、一度は耳にしたことがある方も多いと思います。

有田焼や伊万里焼は、どちらも佐賀県の伝統工芸品です。

佐賀には、有田焼、伊万里焼以外にも驚くほどたくさんの伝統工芸品が存在します。

佐賀の豊かな自然と共に職人さんたちが長い歴史の中で伝統を守り抜いてきました。

事業者さんの売上は年々減少しており、それに合わせて従事者数も減少の一途をたどっています。

伝統工芸品市場は生産額、従業員数共になんとピーク時の1/5にまで減少してしまっています。

佐賀を代表する伝統工芸品である有田焼は、ピーク時から1/8にまで売上が減少しています。

伝統工芸を取り巻く環境は年々厳しくなってきています。

事業者さんにアンケートを取ってみると、次のような声が多く上がっていました。

多くの事業者さんが、商品や事業所のPRに悩みを抱えています。

「売上を増やすこと」「ネームバリューを高めること」が結果として後継者問題の解決にもプラスに繋がっていくと私たちは考えています。

2020年、2021年はコロナの影響もあり、伝統工芸事業者はさらに過酷な状況に追い込まれています。

佐賀には素晴らしい伝統工芸品がたくさんあります。

その伝統工芸が窮地に立たされているのです。

なんとかして日本中に、ゆくゆくは世界中に佐賀の伝統工芸品を広めていきたいです。

そのために何ができるか、何をすべきかをこの5年間考え続けてきました。

①佐賀の伝統工芸品に特化したセレクトショップ

オンラインショップでは佐賀の伝統工芸品のみを取り扱います。佐賀の伝統工芸品の魅力を日本中にアピールします!

②取り扱う商品は税込2万円以下

「伝統工芸を暮らしに取り入れるライフスタイルの提案」に取り組むため、比較的購入しやすい価格帯である税込2万円以下の品を取り扱います。

③社会貢献型オンラインショップ

一般的なオンラインショップとは違い、収益を伝統工芸支援活動に使います。

「伝統工芸品は敷居が高い」と感じている人も多いため、「手頃に購入ができる」「日常生活にも気楽に取り入れられる」「良いモノは心を豊かにする」ことを伝えるべく、ライフスタイルの提案をしていきたいと考えています。

ただ単に商品を販売するだけではなく、動画などで工房の様子や制作風景、作品の動画などを積極的に掲載し、伝統工芸ファンを増やしていきたいと思っています。

①オンラインショップの運営資金獲得
オンラインショップを運営するためには、システム運営費や定期的なコンテンツ更新のための費用、プロモーション費用など様々な費用が必要となってきます。今回のクラウドファンディングで

タイトルとURLをコピーしました