茶農家の三兄弟で、地元古河に日本茶カフェ「room’z tea」を作りたい!

茶農家の三兄弟で、地元古河に日本茶カフェ「room'z tea」を作りたい!
気軽に本格的な日本茶を楽しんでいただけるカフェ「room'z tea」を、茶農家の息子三人で作っていきたいと思います!お茶の魅力を一人でも多くの方に伝えたい!その想いで、実家「吉田茶園」の個性豊かな茶葉を100%使用し、淹れ方にもこだわった美味しい日本茶をお届けします!


camp-fire.jp
茶農家の三兄弟で、地元古河に日本茶カフェ「room’z tea」を作りたい!
4 ~ 5 分

─ 地元古河に日本茶カフェを作りたい!

茶園生まれ、茶園育ちの僕らだからこそできる、日本茶の提案をしたい!
そして、できるだけ多くの方に日本茶の魅力を知って欲しい!

心からお茶が好きだから。
はじめに・ご挨拶

はじめまして!吉田茶園三兄弟の
吉田浩樹(@0830_hy)、春樹、優樹です。

僕たちはこのたび、古河駅から徒歩5分の古民家カフェ「room’z」を使用し、茶園直送の本格日本茶カフェ「room’z tea」をオープンさせていただくことになりました!

吉田茶園直営で両親の元経営すると多くの方が思われると思いますが、今回は僕ら3人の成長の機会だと考えています。そのため両親からは基本的に、金銭的にも人員的にもサポートを受けず完全に3兄弟での日本茶カフェ経営に挑戦していきたいと思っています!!

拙い文書ではあると思いますが、僕らの「想い」を詰め込んでいるので、読んでいただけると嬉しいです!よろしくお願いします!

自己紹介
「長男 浩樹」
1998年生まれの現在22歳です。
僕は現在、実家である「吉田茶園」のデザイン作成やPR活動を担当しつつ、地元茨城県古河市を拠点に、フリーランスのカメラマン、映像クリエイターとして活動しています→フリーランスホームページ
また、「新しい形で日本茶を提案し、もっと身近にする」をモットーに1日お茶カフェ、バーや日本茶のケータリングなどを行っています。

「次男 春樹」
現在19歳の大学2年生で法や政治・経済について学んでいます。ただこのコロナ禍の中、対面授業が出来ないためほとんどを家で、リモート授業で勉学に励んでいます。
その傍、休日には実家である吉田茶園の手伝いなどをしたり、吉田茶園として様々なイベントでのお茶いれや販売なども行って来ました!

「三男 優樹」

こんにちは、吉田茶園の三男 吉田優樹と申します。現在高校2年生の17歳です!
地元の高校に通いながら普段お茶とは全く関係のないyoutubeチャンネルで活動しており、嬉しいことに1.5万人の登録者の方々と日々楽しい生活を送っています!
また、その傍ら様々な方にお茶の魅力を知っていただくために、吉田茶園として様々な場所でイベント出店を行いました。

吉田茶園の紹介

僕ら兄弟は茨城県古河市の「さしま茶」という小さな茶産地の、小さな茶農家「吉田茶園」で生まれ育ちました。吉田茶園は創業1839年、父で6代目になる老舗の茶農家で、家族経営で生産から販売までを行っています。

現在は品種茶をブレンドせず単一品種で製茶し、品種の個性を生かした煎茶を作っています。
また5,6年ほど前から、紅茶の生産も行うようになり、2019年、2020年と連続で多くの賞を受賞している、小さいながらも実績のある茶園です。▶詳細はこちら

なぜ日本茶カフェを始めるのか

①日本茶の魅力をもっと多くの人に伝えたい

ペットボトルでは当たり前の日本茶ですが、急須で淹れたお茶を飲む機会というのは、実はとても少ないのではないでしょうか?

急須で淹れたお茶には深みや個性があります。
それは、急須で、丁寧に、気持ちを込めて最後の一滴まで淹れるその《心》だと思っています!

僕ら兄弟は、小さな頃からお茶がある生活が当たり前の環境で育ちました。
朝食の時には必ず急須で淹れたお茶がある。遊びの感覚で畑仕事を手伝ったり、工場で父と一緒にご飯を食べたり。そんな中で自然とお茶

タイトルとURLをコピーしました