ルーヴル美術館のアートフェアに作品を展示します!その為の展示費用がほしい!

ルーヴル美術館のアートフェアに作品を展示します!その為の展示費用がほしい!
2023年の4月7日~4月9日にルーヴル美術館地下で開催される、Salon art shopping paris への絵の出展オファーが来て、やってみたい!と強く思いました。そして出展する事を決定しました!出展費用や輸送費等諸々込みで49万5千円掛かります。皆様のお力添えをお願いしたく、実施致します

はじめに・ご挨拶

はじめまして!舞織-maori-と申します。油絵や鉛筆画のオーダーメイド販売など、アート活動をしています。

このプロジェクトで実現したいこと

この度、2023年4月7日~4月9日にフランス・パリのルーヴル美術館のお膝元、カルーゼル デュ ルーヴル にて開催される、”Salon art shopping paris”に

絵を出展する機会を頂きました。

オファーを頂き、このような機会は滅多にない、挑戦したい!チャンスを掴みたい!!!と強く思いました。

展示費用(会場費)、以外にも、輸送費、販売代行費、翻訳費、運営費などのサービスが付く為、

その費用は¥495,000になります。

費用が高かったのですが、このような機会は滅多にないと思い、気持ちもワクワクしたので、出展してみたい!と思いました。

今回出展を決め、正式に申し込みをしたのですが、

今回その費用を皆様にこのクラウドファンディングを活用して御支援頂きたいと思っています。

展示の日は、

皆の想いと共にパリへ行きたいです。

小さなスペースに20号サイズ(80cmくらい)の絵を2点、飾ることができます!

たとえ小さなスペースだとしても、1000人以上もの来場者と言われているほど、たくさんの方が訪れる場所で、

自分の絵が飾れるという機会を大事にしたいと思います。

海の油絵↓

プロジェクトをやろうと思った理由

このアートフェアの出展のサポートをしている方が、SNSで私の油絵や鉛筆画を 見つけて下さりました。”クオリティが高いな”と感じて頂いたらしく、今回、私にオファーをして下さりました。

フランスのパリというだけでもとてもテンションが上がりました。更に場所はあの三大美術館とも言われているルーヴル美術館の地下!!この場所は香取慎吾さんの個展や、パリコレが行われている場所らしいです。

電話口で今回のオファーの話を聞いた時、非常に胸が高まり、ワクワクしました。

そして、出展を決めました。

ただ、出展費用が想像以上に高く、

振込期間も10月~11月頃とかなり早かった為、

今回このような形で急遽クラウドファンディングを実施することにしました。

※緊急事態宣言等によりアルバイトも2ヶ月休みになったことも理由の一つです

これまでの活動

私は元々絵の活動はしておらず、2020年8月頃から本格的にアート活動を始めました。

その後すぐに”油絵の制作活動に打ち込むための大きなキャンバスや筆が欲しい!”という第一回目のクラウドファンディングを実施致しました。ちょうど一年前くらいです。

この1年間は、油絵や鉛筆画のオーダーメイド制作をしたり、週に一回の絵画のオンライレッスンでデッサンの練習をしてきました。オンライレッスンでは、コンクールで1位を頂いたり、特待生に選んでいただいたりと、少しずつ結果を出すことが出来ています。

現在は鉛筆デッサンなどの描写の基礎練習をしつつ、本格的に油絵に取り掛かろうとしているところです。海の絵を描き始めています。

下地↓

絵画のオンラインレッスンでの

鉛筆画(デッサン)練習の一例
資金の使い道

・出展費用(会場費)、運営費、販売代行費、輸送費、翻訳費等 ¥495,000

・CAMPFIRE手数料10%(CM公開記念割引)

・リターン制作代

※ネクストゴールについて

出展費用以外にも、往復チケット代

約18万円、現地滞在費30万円、など、

高額な金額が必要になります。

今回ネクストゴールを100万円に

タイトルとURLをコピーしました