待ち望むファンのために!1年前に火災によって閉店したベトコンラーメンを再建したい

待ち望むファンのために!1年前に火災によって閉店したベトコンラーメンを再建したい
岡山県倉敷市にあるベトコンラーメンは2020年5月に火災に遭い、閉店を余儀なくされました。閉店から1年、たくさんのファンから応援の声を頂戴し、2022年1月頃、火災にあった店舗を再建し新たにオープンすることが決まりました。ベトコンラーメンに起こった火災から復活までのストーリーをご覧ください。

♦ 皆さんお久しぶりです!ベトコンラーメン倉敷新京です!

皆さんこんにちは!

ベトコンラーメン倉敷新京のクラウドファンディングページをご覧頂きありがとうございます。

ベトコンラーメン倉敷新京の赤木奉久(ことひさ)と申します。

私たちベトコンラーメン倉敷新京は、岡山県倉敷市の茶屋町という地域にある37年の歴史を持つラーメン屋です。
元々は先代の赤木永三郎が名古屋のベトコンラーメン新京本店で修行し、暖簾分けという形でスタートし、私が2代目として店舗の運営をしておりました。

たくさんの常連客の方に足を運んで頂き、多い日であれば、200人のお客様が足繁く通って下さり、行列に並んででも食べに来てくださる熱烈なファンの方々に恵まれています。

▼公式Twitter

▼公式Instagram
https://www.instagram.com/betocon_kurashiki_sinkyou/?hl=ja

ベトコンラーメン店舗外観

火災前の店内、人気メニュー国士無双

しかし、

皆様のご記憶にもあるかもしれませんが、2020年5月ベトコンラーメン倉敷新京は火災にあい、店舗全焼のため現在営業ができない状態になりました。

1年前の火災の後も、クラウドファンディングを活用して店舗の再建資金を募りたいと考えていましたが、実現できずSNSを通じて期待をしてもらったファンの方にはご迷惑をおかけしました。

1年間以上の時を超えて、皆様に愛して頂いたベトコンラーメン倉敷新京がついに再建されることになりました!
♦ 火災後1年間の葛藤

1回目の非常事態宣言が解除された矢先の2020年5月25日、私たちベトコンラーメン倉敷新京は火災にあい全焼しました。
その時は、手元にあったわずかな売上金も燃え、お店もなくなり、仕事もなくなり、とてつもない喪失感に襲われました。

この記憶は、その時の喪失感は一生忘れることはないと思います。

もちろん、火災後にすぐに再建できるよう私なりにできることはないかと動いてみましたが、新型コロナウイルスの猛威が世界中を飲み込み、新たに店舗をリニューアルし、再建していくこと自体困難な状況でした。

火災後の店内

火災後も店舗の片付けをしていたら、

『再建頑張って下さい』『またベトコンラーメンを食べたいです』

など、ファンの方に本当に温かい言葉をかけて頂き、その声が私の心の支えになりました。

SNS上においても、特にtwitterアカウントはすぐにフォロワーが1000人を超え、たくさんの方が暖かい励ましのメッセージを送ってくれました。

▼公式Twitter

店舗でも、インターネットでも本当にたくさんの応援を頂戴し、心が震えました。

『こんなにたくさんの方が待ち望んでくれているんだ』という想いを今日まで忘れたことはありません。
♦ 再建支援をして下さるという企業との出会い

たくさんのファンの方に暖かい言葉を頂戴するも、店舗再建に向けての動きは思った通りには進まず停滞していました。

この期間は、

『これから先どうしていけばいいのか?本当に再建できるだろうか?』

とすごく不安に襲われた時期でもありました。

ただでさえ、新型コロナウイルスの影響が経済を停滞させ、特に飲食店に対しての打撃は大きく飲食店をやっている方々も、テイクアウトを増やすなどあり方の変化を迫られる状況でもありました。

とにかくできる

タイトルとURLをコピーしました